はじめの第一印象が肝心

看護師は必ずしも同じ職場で働き続けるとは限らず、転職を選ぶ人も大勢います。その理由として結婚やパートナーの転勤もよくありますが、自分の都合としてよくあるのが人間関係のトラブルです。

職場で同僚や上司との関係が悪くなってしまうと、働きたくなくなってしまうのは当然であり、より働きやすい環境を求めて転職するのは自然な流れです。しかし、転職をするからには同じトラブルを次の職場でも起こさないために心がけることが大切です。

その際に考えておくべきなのが第一印象です。新しく職場に来た人がどういう人なのか、と最も気にかけるのは初めて会ったときでしょう。その第一印象が良ければ誰もが好意的に接してくれます。看護師が職場を変えるときに欠かせないのがいかにして第一印象を良くするかという心掛けであり、現場の雰囲気に合わせて適切に振る舞うようにすると馴染みやすくなります。その後、馴染んだからといって油断してしまうのも禁物。どんなに仲良くなったとしても、人の悪口や噂話に加担してしまってはいけません。人を傷つければ、最終的には自分も巻き込まれてしまうことになります。

そのために重要になってくるのが情報収集であり、予めどのような現場であるかを理解しておくのに越したことはありません。知人がいれば最も簡単ですが、そうでない場合には人脈を広げていく必要があります。もしそれでも難しい場合には、転職のエージェントに相談するのも一つの手段です。人間関係を良好に築く能力がないと感じた際は、情報を集めて対策を立てるのが賢い選択です。