正規雇用以外の働き方

看護師として働く場合でよくある問題は同僚との不仲です。看護師の職場は女性が多く活躍しているため、女性特有の複雑な人間関係が存在しています。特に夜勤の場合、2人などの少人数で業務を行わない時、苦手な人と一緒の勤務になったとしても、嫌だからといって避けるわけにはいきません。苦手な人とも密接に関わりあって協力して業務を行わないとならないのです。

また、看護師の仕事は体力的・精神的に非常にハードであるといわれていますが、このような人間関係の悩みが加わることで、より負担が大きくなってしまいます。そうした実情から、離職率も高くなっています。

こうした苦労から逃れるためには、正社員ではなく派遣で働くことがおすすめです。正規雇用の場合、病院で常勤勤務をすることになり、どうしても職場の人たちと深く関わらなくてはなりません。また、夜勤を避けることもできないでしょう。一方、派遣で働く場合には、好きな時に好きなだけ自分の都合に合わせて働くことが可能になります。ですから、短時間勤務もでき、正社員に比べて職場の人たちと長く接すること必要もなくなります。

さらに、派遣では病院勤務以外にも検診専門や採血専門、旅行に付き添うツアーナースといった複雑な医療行為のない仕事を選択することもできます。長期勤務ではなく短期や単発で働くこともできるため、人間関係にそこまで神経を使わなくて良くなります。働き方を変えて、ストレスフリーな毎日を送ってみてはいかがでしょうか。