良好な人間関係の築き方

看護師は女性が多く、人間関係でのトラブルが発生しやすい傾向にあります。看護師の退職理由で多いのは、やはり人間関係の悩みからくるストレスです。特に人の命にかかわる仕事なので、責任が大きくミスは厳しく注意されます。そのことにより先輩や上司が怖くて一緒に仕事するときに余計な緊張をしてストレスになることが新人の人にはよくあります。また、看護は現場の幅が広いので価値観や看護観があわず、お互いの意見を尊重しあえないことがストレスになったりもします。

また、新人だと先輩との関係がうまくいかず、悪口を言われてしまったり患者との関係だといわれのない誹謗中傷をうけたり、馬鹿にされたりなど傷つくケースはたくさんあります。看護師は同僚だけでなく患者との関係もあるので余計大変です。

最近、「人間関係がうまくいってないな」と感じたならば、日ごろの自分の言動を振り返ってみることも大切です。悪気はなくても知らず知らずのうちに傷つけてしまっていることもあります。嫌がらせを受けている場合は、その原因がなんなのかをじっくり考えてみるとなにか改善策が見つかるかもしれません。

また、お互いの価値観、看護観を理解することができれば、より仕事をスムーズに進められるでしょう。一人一人自分なりの考えがあり、それが他人と合わないのは当然のことです。なんでも「自分が正しい」と思い込んでいれば、嫌でも衝突することになります。関係を円滑に保つためにも、時には他人の意見に耳を傾けることが重要です。

どうしても自分ひとりで解決できない場合は、信頼できる上司に相談するのも一つの手です。自分の言動や行動は、案外自身で把握できていないことが多いもの。第三者に客観的な目で見てもらうことも、人間関係トラブルの解決法として有効な方法です。